簿記 難易度

簿記 難易度

あなたが感じている簿記の難易度

突然ですが、あなたは簿記の難易度をどのように感じているでしょうか?

「3級は何とかなりそうだが、2級は難易度が高そう」「まったく想像付かない」
「独学でも合格できそう」など、人によってイメージは違います。

正直筆者自身も、簿記の難易度をどのように表現して良いか迷っています。
何故なら、難易度というのは、数字や文字で表現することではなく、
あくまでも、その人自身が感じる事だからです。

例えば、筆者の例をとって見ましょう!

今から10年くらい前、筆者は漢字検定3級を受験することになりました。
漢字検定3級は、合格率が50%前後でそれほど難易度の高い検定ではありません。
実際にその時漢字検定を受検したクラスメイトや友人は、 ほとんどの人が合格しましたし、
皆簡単だとも言っていました。

しかし、筆者は昔から感じの読み書き、特に書くほうが苦手で、
そうとう苦労した経験が今でも記憶に残っています。
結果的に合格する事は出来ましたが、人一倍の勉強をしました。

このように難易度というのは、個人によっても代わるので 高いとか低いとか、
一言で表現する事は出来ません。

良くインターネット上では、簿記2級は簡単だとか、独学でも合格できるとか、
様々な言われ方がされていますが、 それはあくまでも、その人個人が感じることです。

全員が全員、そのように感じるとは限らないのです。

ですので、簿記の難易度を語る上で必要なのは、簿記そのものの難易度というよりも
あなたにとっての難易度を理解する事が非常に重要なのです。

そこを履き違えて、インターネットの情報に一喜一憂していては、
正しく簿記の難易度を把握できなくなり、結果的に間違えた勉強をしてしまい、
検定に合格することは出来なくなります。

そこで、このサイトでは様々な角度から、簿記の難易度を検証して参りたいと思います。
そして、あなた自身にとって簿記の難易度はどうなのか判断して下さい。

重要なことなので、もう一度言いますが、簿記の難易度は人によって様々です。
簡単に答えを求めないで下さい。

<ピックアップ>
●「勉強時間が足りない方」
●「自宅で通学と同じ勉強をしたい方」
●「知識0の方」
が合格するためには?
詳しくはここをクリック